巻を選んで読む

あらすじ
台風の日、休校かも知れないと思いつつ登校した桂木桐子。理由は、鴨居先生が死なないか心配だったから。鴨居先生は、前から死にたがっている。 学校で鴨居先生には会えたけど、やっぱり今日は休校だということで、折角だから保健室で勉強を見て貰うことにした。 先生は言う。「桂木は俺が心配で来たのか?」「…雨の日には死なないよ」どうして?先生。どうして雨の日には死なないの? そして、どうして死にたいの…。先生は何も言ってくれない。ただ黙って私に触れてくる。私達、こうして体は重ねるけれど、私は先生のこと何も知らない。 桜学園を舞台にしたオムニバス連作集。

同じ著者の漫画

こちらの漫画もオススメです